木造住宅の工法と言えば木造軸組構法といういわゆる在来工法が一般的なのですが、それ以外にも2×4工法というものが存在していて在来工法とはまた違ったメリットがあります。

そんな2×4工法ですが具体的にとういった人にオススメなのか分からない方も多いと思うので、その点について詳しく書いてみたいと思います。

2×4工法と木造軸組構法を比較すると様々な違いがあるのですが、例えば職人や工務店によって品質にバラつきが出やすい木造軸組構法と比較すると2×4工法はあまりそういったことがありません。

2×4工法はシステム化された工法なので職人や工務店による品質のバラつきが少ないのはもちろんですが、それに加えて木造軸組構法より後期が短く済む傾向があります。

そのためいつまでに住みたいという時期が決まっている場合や、早めに家を建てたい場合には2×4工法が合っています。

ただし2×4工法は木造軸組構法と比較すると自由度に掛けていて、間取りの変更や増改築に不向きという点には注意が必要です。

そのため将来的な増改築の余地を残したい人には不向きだと言えますが、もし将来的な増改築を考えていないならデメリットにはならないかと思います。

他にも木造軸組構法と比べると地震の揺れを感じにくいメリットもあるので、木造軸組構法と2×4工法のどちらが自分に合っているのかぜひ比べてみてください。

生命保険の口コミ.COM 内職 アルバイト マッサージのリアル口コミ.com 生命保険の選び方 女性向けエステ.com 家計見直しクラブ JALカード 住宅リフォーム総合情報 お小遣いNET 健康マニアによる無病ライフ